太陽光発電のメリット

>

住宅の新築やリフォームの際に、太陽光パネルの設置を検討される方が増えてきています。

現在、太陽光発電システムの導入をお考えの方に、5つのメリットをご紹介します。

メリット1  毎月の電気代を削減できる

太陽光発電は自家発電システム。一定の日射量さえ確保できれば、家庭で使う電力をカバーできます。

電力会社から買っていた電力量を削減し、家計の中で外せない出費であった電気代を抑えられます。

また、太陽光発電ができない夜間には、「時間帯別電灯契約」で電力を購入すれば、もっと電気代がおトクに!

 導入時こそコストはかかりますが、ランニングコストが安くなるので長い月で見れば高くないかもしれません。

 

メリット2  余った電力を買い取ってもらえる(売電)

太陽光発電で発電して使いきれずに余った電気(余剰電力)は、電力会社に買い取ってもらえます。

ご自宅の屋根で発電された電力は、まず、家庭内で使用する電力として消費されます。しかし一日のうちでも、電力は多く使っている時間帯とあまり使っていない時間帯とに分かれます。通常、発電量の多い日中は電力が余りがちになります。

発電が行われない夜間は電力を買い、昼間は余った電力を売るという仕組みが自動的に行われることになります。

しかも買取価格は10年間固定。差額がプラスになれば収入となるため、投資目的として太陽光発電を導入される方もいらっしゃいます。

メリット3  非常用電源として使える

現代生活に欠かせない存在である電力。とはいえ地震や台風などの自然災害によって、電力会社からの供給がストップし、停電してしまうことがあります。

しかし、ご安心ください! 太陽光発電には自立運転機能がありますので、太陽光さえあれば1.5kwまでの電力が使用できます。太陽光発電システムは、緊急時の非常用電源としても役立つのです。

メリット4  屋根の耐久性があがり、断熱効果が得られる

屋根を広く覆うことになる太陽光パネルの設置は、風雨や直射日光から受けるダメージを小さくする効果があり、住宅の耐久性アップにもつながります。

日差しを受け止めて電力をつくるほか、屋内の熱が逃げるのを防ぐことになるため断熱効果も得られるのです。

 

 

メリット5  エコに貢献できる

太陽光発電システムは、CO2(二酸化炭素=温室効果ガス)排出のまったくないクリーンな自家発電システム。

地球上のすべての生物に平等に与えられた太陽のエネルギーを、効果的に活用する仕組みです。

自然環境やエネルギー問題への関心の高まりから、太陽光発電を導入される方が増えています。

ご自宅での発電という利便性向上に加え、私たちが暮らす地球の温暖化防止にも貢献することができるのが太陽光発電なのです。