太陽光発電2019年問題ってご存じですか?

> >

2019年問題とは、2009年11月に開始した余剰電力買取制度の固定買取期間10年間が満了する方がそろそろ出始めることを指しています。

制度始まりの売電価格は48円/KWhだったのが11年目からどうなってしまうのか・・・

まだ国からは明確な価格は出てませんが11円/KWh程度になるのではと想定されていますし、それ以下になることも考えられます。

11年目から売電収入がいままでの2割程までに下がってしまうとしたら・・・その日がいつかくるのがわかっていたとしても、がっかりですよね。

そうなった時にせっかく取り付けた太陽光発電、これからの時代は売電するよりも余った電気を蓄電池にためて自家消費したほうがお得になってきます。

また蓄電池は災害時や停電時の備えにもなるのです。

制度満了時期をもうすぐむかえられる方、エコソニックではそんなお客様の未来の電力設計をご提案し一緒に考えていきます。

By

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。