太陽光発電の仕組み

>

太陽光という自然の力を有効に利用して発電する太陽光発電(ソーラー発電)は、再生可能なクリーンエネルギーとして注目され、世界各国で普及が進められています。

近年では日本でも地球温暖化対策として重要視され、国をあげての取り組みがスタートしました。

普及が進むにつれて導入コストも抑えられるようになり、さらに、個人・法人を問わず、国や自治体などによる導入時の補助金制度が用意されています。

太陽光発電の仕組み

太陽電池というと、電卓や腕時計、街路灯などでもおなじみですね。

人工衛星や宇宙ステーションでの発電にも用いられています。太陽光発電システムは太陽電池の集まったものであり、同様の仕組みで住宅の屋根の上で発電を行う仕組み。

屋根の上に取り付けたソーラーパネル(太陽電池の集まり)で発電された電気を家庭用電力として使用できるばかりか、余った電力を電力会社に買い取ってもらうことができます。

[1]ソーラーパネルが太陽の光エネルギーを受ける
[2]瞬時に太陽電池が、光エネルギーを電力に変換=発電!
[3]パワーコンディショナーで 直流電力から交流電力へ変換
[4]交流電力を家庭用電気として使用
[5]余った電力を電力会社へ売電

太陽光パネルの種類

太陽光パネル(ソーラーパネル)は小さな太陽電池の集合体です。

このパネルの材質によって、光エネルギーを電気に変換する性能が違ってくるため、太陽光発電システムのなかでも、もっとも重要な部分となります。

効率よく電気を作り出すことができれば、家庭用電力にもあてがえ、電力会社への売電も増えることになるからです。

 

 

代表的なソーラーパネルの種類

実績豊富なエコソニックにおまかせください

それぞれのパネル(太陽電池)の素材には、メリット・デメリットがあります。

また、お客様のご希望やご利用目的、設置する屋根の状態、気候風土などによっても、ベストなパネルが異なります。

エコソニックでは、これまでに多くの太陽光パネルを設置した実績にもとづき、お客様にとって最適なご提案をしていますので、太陽光パネルの設置のことならぜひお任せください。